コミュ二ケーション能力の高さが求められるタクシードライバー

タクシードライバーは物ではなく、お客さんを行きたい場所へ速やかに移動させるのが仕事です。会話を上手にコントロールして、ストレスのない快適な時間を提供する能力が求められます。お客さんの中には、タクシードライバーとの会話を楽しみにしている人もいます。タクシードライバーは地理に強いというイメージがあり、おススメの観光地や飲食店などを聞いてくることもあるでしょう。このような質問に答えられるよう、知識を身につけておくことも接客力を向上するために必要となってきます。

ただ、中には疲れていたり、人見知りだったりして、あまり会話をしたくないというお客さんもいます。そのようなお客さんには、無理に話しかけず、会話の聞き役に徹するということも必要です。空気をしっかりと読み、相手に合わせて適切な接客や配慮を選択する能力がタクシードライバーに求められます。

面接でコミュニケーション能力をアピールするコツ

運転技術と並んで、タクシドライバーに求められるコミュニケーション能力。コミュニケーション能力が著しく低いと、「この人を採用しても大丈夫かな」と面接官を不安にさせてしまいます。タクシードライバーは接客業なので、面接では明るい笑顔でハキハキと喋るようにしましょう。上手に受け答えをすることで、人と接することに慣れているなと、面接官に好印象を与えることもできます。 第一印象を良くするためには、身なりを整え、清潔感のある格好をするということも大切です。そうすることでお客さんは心を許し、安心して話しかけてもらえるようになります。会話が得意というだけでなく、親しみやすい雰囲気があるかどうかも、タクシードライバーの仕事ではとても重要になってきます。

愛知の運転手の転職はタクシーからトラックのドライバー、バスの運転士まで様々です。求人数も大変多くなっています。