厳しい勤務に対応できるよう健康管理やトレーニングも大切

トラックドライバーの仕事を長く続けるには、厳しい勤務に対応できるよう徹底した健康管理や筋力トレーニングなどを行って、可能な限り体力を強化しておくことが重要となります。特に、トラックの運転に限らず、荷上げや荷下ろしなどのハードな業務を担当する場面が多い現場においては、季節や時間帯によって体力の消耗が大きくなることもあるため、普段から健康的な体を維持することが肝心です。最近では、ドライバーの健康管理をサポートするために、こまめに健康診断の機会を用意したり、管理栄養士や看護師による相談対応を強化したりする運送会社も増えています。そうした中、体力面で不安を感じることなく働くうえで、就職活動中に実際に運送業界のドライバーとして活躍している人に話を聞いてみるのも良いでしょう。

夜間や早朝の勤務を上手くこなすには生活リズムに気を付けよう

長距離ドライバーの仕事に就いてから夜間や早朝の勤務を上手くこなすには、普段から生活リズムに気を付けて、休める時にしっかりと心身をリフレッシュさせるよう心がけることが重要です。また、連日にわたり長時間労働を担当する場合には、睡眠時間が限られたり、仕事中に眠くなってしまったりするリスクがあるため、いざという時に備えてこまめに営業所の担当者とコミュニケーションを取ることがポイントです。長距離ドライバーの安全確保に努めている運送会社においては、ドライバーの数を調整して一日の業務量を少なくしたり、希望の曜日になるべく休日を取れるようにしたりするところが目立ちます。そこで、自分の体力や生活スタイルを考慮しながら就職先を決めることが肝心です。

愛知の運転手の求人は、トラックの大きさや種類によって必要となる免許も変わってきますが普通免許でも可能な場合があります。