バイクを使って配達するメリット

フードドライバーは、飲食店などに勤務し、メニューを注文した個人宅などへ指定された料理を配達する仕事です。フードドライバーの車両は、主に自転車や原付バイクの2種類の選択をとることができます。バイクを使って配達するメリットは、機動力の高さです。自転車と比べて、長距離の移動を短時間でおこなうことができるため、素早く目的地に配達をすることができます。勤め先が歩合制や出来高制を採用している場合、配達回数が多ければ多いほど給料も高くなるので、自転車よりもバイクを使った方が稼ぎやすいと言えるでしょう。フードドライバーは体力仕事ですが、バイクを使った方が身体への負担も少なく、無理なく働くことができるのもメリットです。

フードドライバーが向いている人の特徴

フードドライバーが向いているのは、単独行動が好きな人です。フードドライバーは基本的にソロプレイであり、集団の規律のようなものはほとんどありません。自分が行動したいように行動することができるので、集団行動が苦手な人は、まさにうってつけの仕事と言えるかもしれません。 他には、外で働くのが好きな人もフードドライバーが向いていると言えます。フードドライバーは、色々な場所を巡っていきながら、配達を繰り返していきます。フードドライバーとして仕事をすることで、街の変化や、季節の移ろいを全身で感じることができるのです。また、料理を届ける時は、普段は入れない建物の内部を見られることもあります。色々な建物を見たり、外の空気を吸いながら仕事をしたりするのが好きな人は、フードドライバーがピッタリです。

愛知のドライバーの転職は、長距離トラックを中心に活発化しており、大手から中小まで多くの民間企業で求人活動が行われています。