高速道路から一般道路まで幅広く対応できる人は信頼されやすい

ドライバーになるうえで、日ごろから運転技術を磨いて各地の様々な道路の運転をこなせるようになることがとても大切です。特に、高速道路から一般道路まで幅広く対応できる人は、運送会社に就職をした後に上司や同僚から信頼されやすく、順調にキャリアアップを図ることも可能です。最近では、大型から小型まで様々な種類のトラックの運転経験が豊富な人を高待遇で採用したり、採用後に現場の責任者を任せたりしている会社も多くあります。そのため、運転技術に自信がある人は、運送業界の求人が多いサイトを使ったり求人誌に目を通したりして、じっくりと職場探しをするのがおすすめです。その他、それぞれの会社で必要とされるドライバーのスキルについてよく理解することも大事です。

年齢が若い人は就職後に必要な研修を受けられるかチェックしよう

若くしてトラックのドライバーとして働きたい人は、就職活動を通じて働きながら運転技術を高めるうえで、必要な研修を受けられるか調べておくことが肝心です。例えば、大手の運送会社や物流会社の中には、トラックの運転経験が無い人を対象に、ベテランのドライバーが数か月間同乗をして運転の指導をしたり、業務に関する相談に乗ったりしているところも少なくありません。また、新人研修の期間や内容については、会社ごとに違いが見られるため、未経験からドライバーになりたい人は、時間を掛けて各社の教育制度を比較しておきましょう。なお、スムーズに一通りの運転技術をマスターするために、個別研修に力を入れている会社を就職先に選ぶのがポイントです。

愛知のドライバーの募集では、未経験入社が殆どなので、未経験はもちろん他県出身でも安心して働けると言われます。